本文上

おすすめのほん

おすすめの本「もぐもぐタイム」

2019年7月1日

※このページに掲載しているコンテンツのコピー・転用を禁ず

えほん「あっちゃんあがつく―たべものあいうえお―」 幼年向け

  • みねよう/げんあん さいとうしのぶ/さく
  • リーブル

「あ」から「ん」まで、おいしいたべものが 69こも でてくるよ。
「ア」イスクリームや 「て」まきずしなど、あまいのから しょっぱいのまで、どのページも おいしそう!
おとながよむと なつかしいおかしも たくさんでてきて、かぞくみんなで たのしめます。
じぶんの なまえの ページは どんな おいしいたべものが でてくるか よんでみてね。

ページのトップへ

えほん「おせんべやけたかな」 幼年向け

  • こがようこ/こうせい・ぶん 降矢なな/え
  • 童心社

♪~おせんべ おせんべ やけたかな?~♪
うたにあわせて ページをめくると まんまるの しろいおせんべいたちが こげめがついたり にこっとかわいく やきあがるよ。
よみおわったら みんなのてで 「おせんべやけたかな」を あそんでみよう!

ページのトップへ

えほん「おいしそうなしろくま」 小学校低学年向け

  • 柴田ケイコ/作・絵
  • PHP研究所

「たべもののなかに はいってみたら どんなかんじかな?」
 ごはん みそしる スパゲッティ・・・
たべるのが だいすきなしろくまと、いっしょに そうぞうしてみよう。
おなかペコペコに なってしまうたべものが たくさんでてきます。

ページのトップへ

よみもの「アッチとボンとなぞなぞコック」 小学校低学年向け

  • 角野栄子/作 佐々木洋子/絵
  • ポプラ社

おばあちゃんの トマトを まもるため、なぞなぞコックと なぞなぞしょうぶ!
 おばけのコックさんの アッチと、ともだちの のらねこボンが、おいしいトマトスパゲッティを つくるため くいしんぼうのモンスター なぞなぞコックに たちむかいます。

ページのトップへ

えほん「ワタナベさん」 小学校中学年向け

  • 北村直子/作
  • 偕成社

さむい日に えいぎょうしている ワタナベさん。ナベひとつで おいしいりょうりを つくるめいじんです。
ある日、ナポリタンの ちゅうもんが きました。ナベでナポリタン!?「ナベひとつで なんでもできるんでしょ」と いわれたワタナベさんは、ナベで つくろうと かんがえます。
ワタナベさんが かんがえた レシピも しょうかいしています。

ページのトップへ

よみもの「わすれんぼうなコックさん」 小学校中学年向け

  • 日本児童文芸家協会/編
  • ポプラ社

どんなおかしでも作ることができるようせいには、ひとつだけこまった点がありました。ついうっかり、わすれんぼうになってしまうことです。
ある日、王さまのおかしをつくるコックぼしゅうの紙をみて、試験を受けることにしました。しかし、お題のざいりょうをわすれてしまって違うおかしをつくってしまうのです。
この本にはほかに、おこりんぼうなコックさんやいたずらずきなコックさんなど、7人のおはなしがあります。

ページのトップへ

えほん「300年まえから伝わるとびきりおいしいデザート」 小学校高学年向け

  • エミリー・ジェンキンス/文 ソフィー・ブラッコール/絵 横山和江/訳
  • あすなろ書房

ブラックベリー・フールというデザートを作りましょう。
現代だったらとっても簡単。冷蔵庫も電動泡だて器もあるし、スーパーで材料も簡単に手に入ります。でも、これが100年~300年前ならどうでしょう?今よりずっと手間がかかります。でも300年間変わらないのは、子どもたちがもらえる美味しいお片付けでした。

ページのトップへ

よみもの「ギュレギュレ!」 小学校高学年向け

  • 斉藤洋/作 樋口たつの/画
  • 偕成社

日本語が上手なトルコ人のセールスマンが、じゅうたんを買わないかと言い出します。そのじゅうたんは、魔法のじゅうたんで、トルコ語で指示すると、空を飛ぶ優れもの。ほかにも、自分で動く小島や、発電できるわたあめみたいな雲。トルコ人がくれたエッグカップでたまごを食べると不思議なことが起こります。
この話は「空で出会ったふしぎな人たち」という続編も出ています。

ページのトップへ

左メニュー上