本文上

おすすめのほん

おすすめの本「ふわ ふわ ふわ」

2018年10月1日

※このページに掲載しているコンテンツのコピー・転用を禁ず

えほん「おふとんさん」 幼年向け

  • コンドウアキ/作 
  • 小学館

「おふとんさん」はだれかがつかわなくなって、おかのうえにおいていったボロのおふとん。あちこちよごれているけど、いっしょにねるといいゆめがみられるんだ。おかあさんに「だめだめ そんなに よごれてるの。 かえってもらいなさい。」といわれてしまったけど…。さあどうなるのかな?
 

ページのトップへ

えほん「ホットケーキのおうさま」 幼年向け

  • にのみやゆきこ/ぶん
  • あさくらせかいいち/え
  • WAVE出版

いちばんおおきいホットケーキ、バターたっぷりのホットケーキ、まっくろこげてるホットケーキ、いちばんとしよりのホットケーキ、いちばんいばっているホットケーキ、だれがおうさまになるのでしょう…? しょうげきのけつまつは?

ページのトップへ

えほん「あぶないよ、ふわふわケムちゃん!」 小学校低学年向け

  • エドワード・ハーディ/ぶん
  • アリー・パイ/え
  • 山口文生/やく
  • 評論社

ケムちゃんは、ふわっふわのまっしろい、かわいいケムシです。ケムちゃんは、かくれんぼがだいすき。かくれるのもとてもじょうずなんだ~。だけど、とつぜんあらわれたくろいかげ、それはカラスのカークロウ! 「おいらのひるめしなんです!」とカークロウはケムちゃんをおいかけますが…。さてケムちゃんはみつかってしまうのでしょうか? みんなもいっしょにけむちゃんをさがしてみてね!

ページのトップへ

えほん「せなかのともだち」 小学校低学年向け

  • 萩原弓佳/作
  • 洞野志保/絵
  • PHP研究所

フンズワ森の下の森にすむとてもいじのわるいヒツジのせなかに、上の森にすむおこりんぼうのハリネズミがおちてきました。フワフワのヒツジの毛とトゲトゲのハリネズミのハリがからまって、じぶんたちだけではとてもとれそうにありません。こまったふたりが考えたさくせんとは?
 

ページのトップへ

えほん「重力って…」 小学校中学年向け

  • ジェイソン・チン/作
  • 竹内薫/訳
  • 偕成社

重力ってなに?重力があったりなかったりすると、いろんなことがおこるみたい。どんなことがおこるのかな。いろんなものがおちちゃったり、ういちゃったり?さあ!この本を読みながら、いっしょにふわふわしよう。本のさいごのせつめいを読むともっとよくわかります。

ページのトップへ

よみもの「モルモット・オルガの物語」 小学校中学年向け

  • マイケル・ボンド/作
  • おおつかのりこ/訳
  • いたやさとし/絵
  • PHP研究所

モルモットのオルガは、空想(くうそう)と物語とおしゃべりが大好き。ペットショップから“オガクズさん”の家に連れられてきたオルガは、新しく友だちになったネコのノエルやハリネズミのファンジオに、すてきなお話を聞かせてあげます…。
『くまのパディントン』の作者が書いた、くるくる巻き毛のかわいらしいモルモットのお話です。

ページのトップへ

えほん「羽毛恐竜-恐竜から鳥への進化-」 小学校高学年向け

  • 大島英太郎/作
  • 真鍋真/監修
  • 福音館書店

大むかしの生き物の恐竜。もうすがたを消したと考えられていました。ところが、1996年にある化石が発見され、ぜつめつしていないことがわかったのです。一部の恐竜はすがたを変えてわたしたちのまわりで、生き続けているのです。それは、どの生き物でしょうか?

ページのトップへ

よみもの「世界を救うパンの缶詰」 小学校高学年向け

  • 菅聖子/文
  • やましたこうへい/絵
  • ほるぷ出版

防災グッズのなかに「パンの缶詰」があるのを知っていますか?この缶詰は、阪神淡路大震災の被災地からの声に応えて、町の小さなパン屋さんが大変な苦労をして完成させました。あまくてふわふわなパンの賞味期限は3年。賞味期限を無駄にしない「救缶鳥(きゅうかんちょう)」プロジェクト」とは!?

ページのトップへ

よみもの「あした飛ぶ」 小学校高学年向け

  • 束田澄江/作
  • しんやゆう子/絵
  • 学研プラス

アサギマダラは、渡り鳥のように長い距離を旅する蝶(ちょう)で、大きな羽とふわふわした飛び方が特徴です。アサギマダラの生態を調べるためのマーキング調査に参加した星乃は、[リュウセイ ★=100]の印のある蝶を見つけます。どんな人がつかまえたんだろう? 星マークはどういう意味?一頭の蝶があしたに向かう勇気をくれます。

ページのトップへ

左メニュー上