本文上

おすすめのほん

おすすめの本「はじまりは いろいろ」

2018年4月1日

※このページに掲載しているコンテンツのコピー・転用を禁ず

えほん「あそぼ」 幼年向け

  • エルヴェ・テュレ/さく  たにかわしゅんたろう/やく
  • ポプラ社

おつきさまのような きいろいまる。なんだかつまらなそうで あそんでくれるともだちをさがしてる。
まるといっしょに ぼうけんをはじめよう!
まずはおして せんをなぞる。まわって かくれて はねて ずんずんすすもう。これはおおなみ?    もりのなか? さあて つぎはなんだろう。

ページのトップへ

えほん「つばめこうくう」 幼年向け

  • もとやすけいじ/著
  • 佼成出版社

カエルのおやこは はじめてそらのたびをします。チェックインをして にもつをあずけて しゅっぱつ。さて ひこうきにのったら どんなことをしてすごすのかな。ひこうきののりかたについて わかりやすくしょうかいしているよ。 さあ つばめとすてきなそらのたびを。

ページのトップへ

えほん「たんぽぽ」 小学校低学年向け

  • 荒井真紀/文・絵
  • 金の星社

はるのはじまり、あちらこちらでみかける たんぽぽ。
あなたはしっているでしょうか?  ひとつにみえる  たんぽぽのはなは、じつは たくさんの小さなはなが あつまってできていることや、たおれてしまったくきが、もういちど おきあがることを。ふわふわのわたげは、いったい どこまでとんでいくのかな。
さあ、たんぽぽの一生(いっしょう)を たどってみましょう。

ページのトップへ

よみもの「てんきのいい日はつくしとり」 小学校低学年向け

  • 石川えりこ/さく・え
  • 福音館書店

ちえちゃんは、せつこねえちゃんと、しゅんにいちゃんと、おばあちゃんと、どてへつくしとりに出かけました。ちえちゃんは、いちばんとりたい「おうさまつくし」をみつけることができるかな。

ページのトップへ

えほん「チャールズ・ダーウィン、世界をめぐる」 小学校中学年向け

  • ジェニファー・サームズ/作 まつむらゆりこ/訳
  • 廣済堂あかつき

ダーウィンは、外国の自然をいろいろ調べる イギリスの調査船(ちょうさせん)に乗り、海の 旅にでました。 この時代は、本を読むことでしか外国のことを知ることができなかったので、ダーウィンは実際(じっさい)におとずれ、自分の考えをまとめていきました。彼のその好奇心(こうきしん)は後に大きな発表につながるのです。

ページのトップへ

よみもの「バイバイ、わたしの9さい!」 小学校中学年向け

  • ヴァレリー・ゼナッティ/作 伏見操/訳 ささめやゆき/絵
  • 文研出版

もうすぐ10さいになるタマラは、「10さいになるのは特別(とくべつ)なこと」と思っている女の子。
ある日のこと、タマラは世界が不幸であふれていることを知って、すっかり考えこんでしまいます。どうしたら世の中を変えられるの?
考えに考えてタマラが起こした行動(こうどう)は、ささやかだけれど勇気(ゆうき)あるはじまりの一歩でした。

ページのトップへ

えほん「みどりの町をつくろうー災害をのりこえて未来をめざすー」 小学校高学年向け

  • アラン・ドラモンド/さく まつむらゆりこ/やく
  • 福音館書店

アメリカのカンザス州にあるグリーンズバーグの町を巨大なたつまきがおそいました。あっという間にほとんどの建物がこわされ、町はめちゃくちゃになったのです。
けれど人々はあきらめませんでした。みんなで考え、町の名にふさわしい「自然のめぐみをいかした町作り」に取り組み始めたのです。
悲しみから立ち上がり未来へ向かう人々と町の物語。

ページのトップへ

よみもの「森の石と空飛ぶ船」 小学校高学年向け

  • 岡田淳/作 
  • 偕成社

小学6年生のシュンは、ゆうれいとうわさされる猫を助けたことがきっかけで、桜若葉小にあるクスノキからふしぎな世界のサクラワカバ島へ行けるようになった。島の住民のエリ、エリのおじのレオン、そして、シュンのクラスメートたちと島にある森の石を守るために冒険(ぼうけん)の旅に出る  物語。

ページのトップへ

左メニュー上